読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいおんカーニバル

~会社に行かない暮らしを始めるために~

人を待っている時間ほど悲しい時間はないです。

スポンサーリンク
 

f:id:goodman-1qaz:20170308030147p:plain

 

仕事上お客様から急に「すいません30分遅くなってしまいそうです」と電話で言われる事が週に1回以上あります。

人の30分間をなんだと思っているんだ

「すいません」という枕詞もなしに、平気で30分遅れてくるお客様もいらっしゃいます。時間になっても来ないので電話してみたら、「あと30分かかります」と言われることもあります。普通時間に遅れたら謝る事から始まるんですけどね。普通。

 

電話で「すいません30分遅くなります」と言われたら、「全然大丈夫ですよ。お待ちしております」と答えるしかないですよね。日本人ですしお客様はとても大事なので。。。

 

でも僕の30分間を奪われた感覚です。悲しいです。悲しさを減らすために「少しでも有意義な30分間を過ごそう!」と考えられるだけ、まだポジティブ思考なのかなと思っています。

 

最近の隙間30分間の使い方

30分間暇になった時、最近の僕は

  • スマホで人のブログを読む
  • スマホでネットのニュースを読む
  • スマホではてなブログアプリを使って、記事の下書きをする

という行動が多いです。スマホがしっかり機能している時代に生きていて本当によかった。スマホがない時代はガラケーでニュースを読んだりしていたんですかね。

 

1か月と少し前にブログを始めたことで、この時間の潰し方が最近のマイブームです。特にブログ記事の下書きをできた時は全く30分間を無駄に使った気はしないです。むしろ30分間しかないので、ザーっと集中して取り組めます。

 

はてなブログのスマホアプリは画像を載せたり、文字を変えたりするには少し軽すぎる機能ですが、サクッと下書きを書くに分にはとても軽くて書きやすいです。下書きには文章までガッツリ書くこともありますし、書きたいことを一言でまとめてタイトルだけ書きまくることもあります。

 

最近下書きに書いたタイトルとしては、

  • 世の中のビジネスは全部せどり
  • 相性が悪い人っているよね。会いたくないよね。
  • 会話にならない人っているよね。
  • ありがとうが口癖の人、すいませんが口癖の人
  • 接客業をしてるといいお客さんの顔と名前はすぐ忘れる
  • 家に帰ったらご飯がある
  • 女の子の方が仕事できる
  • 人に教える時に心がけている事
  • TECH CAMP行きたーい。東京は遠ーい。

こんな感じで下書きがいっぱいになっています。ブログはタイトルさえ大雑把に決めておくと、後はその1文を詳しく世の中の人に伝わりやすい文章にする作業なので僕にとってはこの下書きのタイトルの羅列はとても大切です。

「ほぼ完成しているけれど下書きに置いている1つの記事」よりも、「大雑把なタイトルしか決まっていない2つの記事」の方が大切です。

 

人を待っている無駄に思える隙間時間に、記事のタイトルを必死に考える習慣をつけて1日1記事アップを継続していこうと思います。