羊をかぶったライオン

朝7時ごろ更新の雑記ブログ

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由。この本とても売れているみたいです。

スポンサーリンク
 

「死ぬくらいなら会社辞めればができない」理由を読んだので感想&備忘です。

この本が今かなり売れているで、本屋さんでも店頭に積まれていました。ゆうきゆう。汐街コナ。あき出版。

ブラック企業にいたら、会社を辞めるか死ぬかを判断する力を失ってしまう。

「ブラック企業にいたら、会社を辞めるか死ぬかを判断する力を失ってしまう」冒頭に書いてあったこの内容。僕はブラック企業で働いたことがないので、自分のことを考える時間が取れないほど追い込まれたことがないですが、「 仕事中は本気で仕事に追われて、家に帰ったら深夜になっていて、また早朝から出社」という生き方をしていたら、判断ができなくなるくらい追い込まれてしまうのかもしれません。

今、これを読んでいるあなたは「まだ大丈夫」です。判断ができます。この本は未来のあなたや、あなたの大切な人の「まだ大丈夫」が「もう無理、、、
にならないために書きました。
今、忙しくて本を読むヒマがないという人も、「自分には関係ないな」と思ってこの本を閉じようとしている人も、もし今後、「ヤバいな」と思ったら、これだけは忘れないでほしい。
世界は本当は広いんです。

 この本を読む時間を取れるだけ、あなたは「まだ大丈夫」ということだと思います。切ないですね。

なんでがんばりすぎちゃうの?

「まだ大丈夫だと思ってた」から。

突然涙が出る。
動けない。
ジンマシン。
心を病んでるから休んで。

これは僕も経験があるのでとてもわかる内容です。

僕は「どうしても無理な人と近くにいたら蕁麻疹(ジンマシン)がでる」ということを体験しました。マジで相性が悪い人っていますよね。気をつけてケアしているつもりでも、なぜか相手を不快にさせてしまていたり、相手の行動でしょっちゅうイライラしてしまったり。。。 

www.income-carnival.com

実際に今の会社でかなり相性が悪い人がいて、今も近くで働いています。

極力関わらないように働いているので今はジンマシンは出なくなったんですが、4月の新入社員歓迎会で近くの席になってしまった時は、途中から体にジンマシンが出始めて途中で歓迎会から勝手に帰りました(笑) 

www.income-carnival.com

「心が病んでいるからジンマシンが出る」という内容をこの本で見て、自分の心が病んでいることを突き付けられて悲しかったです。

判断力があっても辞められない理由。

「他人を中心に考えてしまう」から判断力があっても辞められない。という内容は本気で納得できました。

お金を稼がないと自分が生きていけなくなるから、辞めない。という理由で頑張って働いている人が多いと思います。

でももう少し掘り下げると、

「お金を稼がないと自分が生きていけなくなる」

→「お金を稼いでいないことが世間的に恥ずかしい」&「お金を稼がないと家族に申し訳ない」

→お金を稼がなくても生活保護や家族からの援助で生きていけるけれど、他人から自分への評価を考えると、恥ずかしくて申し訳なくてそんなことできない。

というのがリアルだと思います。これが「他人を中心に考えてしまう」という意味です。とても頭が整理されました。自分の心と体のことを中心に考えたら絶対に会社を辞めた方がいい人って多いと思います。

他人を中心に考えてしまうから。他人のため?家族、会社、顧客、親。他人の評価のため上司に叱られる、デキない奴だと思われる、家族に言いづらい、世間体。自分の命と人生を最優先に考えることができれば、死ぬまで頑張ることはなくなる。 

まとめ。

「なんのために働いているんだろう」「会社辞めたいなぁ」「最近本気で仕事に行きたくない」と思っている人は一度読んでみて下さい。内容がシンプルに伝えられているだけじゃなくて、マンガ風に書かれている本なので、本が苦手な方でもスラスラ読みやすいと思います。

僕はこの本を、カフェと本屋さんが一体型になっている本屋さんで30分で読めました。本当におすすめです。

こういう本がいっぱい売れている今の世の中が、こういう本を読むことで少しでも緩和されるといいですね。