羊をかぶったライオンのブログ

サラリーマン向けの副業・資産運用をご紹介

不動産投資をはじめる時におすすめの本『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』

スポンサードリンク

28歳で不動産投資をはじめました。

不動産投資を勉強しているときに読んだ 『年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方』という本が一番参考になったのでご紹介します。

小林さんは不動産投資を始めて、年収350万円から1億円になったと書いてありました。かなり触発されてしまいました。

f:id:goodman-1qaz:20170610001629p:plain

毎月手元に1万円残るなら不動産投資を始めよう

不動産投資関係の本は今までも何冊か読んできました。でも僕がなかなか不動産投資を始めなかった理由が「全然お金残らないじゃん」という理由でした。

月に5万円の家賃収入があったとしても、修繕積立費&管理費で2万円くらい取られて3万円しか残りません。そのうえ銀行からお金を借りて物件を購入すると、月々の返済で2万円取られたとして残りは1万円。。。毎年固定資産税を払わないといけないので、結局手元にはお金が残りません。

でも、もし、固定資産税や管理費を全て差引いて、「毎月1万円でもお金が残るなら、不動産投資を始めない理由はない」と、この本を読んで頭が整理されました(正しいかは知りませんが自分としては納得しました)1万円落ちていたら拾いますよね。

毎月1万円もらえて不動産の事を学べたら最高!

正直毎月お金が残らなくても、不動産投資を学べたらお得です。そのうえ毎月1万円もらえながら、不動産投資を勉強できたら最高です!

「やるからには稼がなきゃ意味がない」と考えていた1年前の自分を殴ってやりたいです。1年早く始めていたら1年分長く勉強できていたのに。かなりの機会損失です。

「稼がないと意味がない」と思うから、「稼げなさそう、失敗したらどうしよう」と逃げ腰になって新しいことをはじめれないんです。

稼げなくても、学べたら得じゃん!」と思ったら、赤字にならないように気をつけて、リスクヘッジをし続けたらいいだけなので気軽にはじめようという気持ちなれました。

まずは、都市部に1000万円しないような区分マンションを買って、少額でも毎月家賃収入を得るという体験をしてみたらいい

不動産投資ってなにから始めるの?

不動産投資系の本に多いのが、「不動産投資を始めたらこんなにいい人生になりました!」という紹介がメインで実際の手順があまり書いていないことです。

テンションは上がるのですが、読み終わってから何をしていいかわからなくてダラダラ過ごしてしまい絶望します。

 

小林さんでは最初一括で数百万円の物件を購入して、不動産投資を始めています。

物件の選び方や購入の仕方も実体験をもとに紹介してくれているので、そのままマネをしたら物件を購入できるほどリアルな内容でした。

この本を途中まで読んだ僕は、「SUUMO」「楽待」で資料請求を大量にしました。

モチベーションを上げてくれてリアルな手順も教えてくれるので、不動産投資の第一歩を踏み出させてくれる良書だと思います。

さいごに

 

僕は不動産投資をはじめるまでに少なくとも10冊は本を読みました。

代表的な『金持ち父さん貧乏父さん』ももちろん読みましたし、ノウハウ本もたくさん読みました。

そんな中で一番モチベーションを上げてくれて、実際になにから不動産投資をはじめたらいいかを教えてくれたのが小林さんの本です。

内容もわかりやすく、実体験に基づいているので「これから不動産投資をはじめてみたいなぁ」と考えているサラリーマンにはうってつけの本です