羊をかぶったライオンのブログ

不動産投資&副業メインの雑記ブログです。

サラリーマン大家になりました!はじめての不動産投資!28歳で神戸に区分マンションを1300万円で購入しました。

スポンサーリンク

f:id:goodman-1qaz:20170621035210p:plain

この記事を書いてから11日後の2017年6月30日に1300万円のワンルームマンションを購入しました。 今から不動産投資を始めたい人、若い内から資産形成について考え始めた優秀な人は参考にしてください。

28歳でサラリーマン大家になれた!

買っちゃいました。当初の予定の2倍の金額の1300万円の物件です。大きな買い物すぎて少し焦っていて、まだあまり現実と向き合えていない現状ですが、とても嬉しいです。理由は僕の「やってみたいことリスト」の大家さんになるということを叶えれたからです。

しかも自分が予想していたより全然早い28歳という年齢で物件を購入できたので、テンションが上がっています。28歳で大家さんをやっている友達なんて、僕の周りにはいません。不動産投資が成功してもいないのに、自分のレベルが上がった感覚に浸っています。正直ちょっと調子にのっています。

大家さんになった流れ

前に不動産投資をしてみようと思って資料請求をいっぱいした記事を書きました。そこでレスポンスの良かった不動産屋を3社まわりました。すべて大阪の会社です。

その後、この会社と今後も取引したいと感じた会社に電話すると、わざわざ僕の自宅の最寄り駅まで来てくれて物件の紹介をしてくれることになりました。それが6月30日です。6月23日に大阪で不動産屋さんをまわったので、1週間後に買ったことになります。はやすぎですね。自分でもびっくりです。

その時もってきてくれた中に、神戸の1300万円の物件があり即決しました。物件価格1250万円、諸費用50万円の1300万円です。

奥さんはやっぱりブチ切れ

駅前で不動産屋さんと話しに行くことは奥さんに伝えていました。しかし、まさか当日すぐに物件を決めて手付金まで払うことは僕も想像していなかったので、奥さんには完全に事後報告になってしまいました。

当然怒られました。電話で怒られて、家に帰って1時間かけて「なぜその物件に決めたか」「なぜ1300万円もの物件を買おうと決めたか」を説明しました。

奥さんがちゃんと説明したら、わかってくれる人で本当に良かったとこの時心から思いました。不安にさせないように、何か月に1回かはちゃんと収支報告をすると約束しました。

本当に1300万円で買ってよかったの?

購入するという意思表示はしましたが、まだ頭金を50万円払って銀行の審査書類や、保険の書類の用意が終わったところです。銀行の審査が通ったら、司法書士に書類をつくってもらって本当に契約のハンコを押します。今ビビッて辞めることもできますが、頭金の50万円は返ってきません。

「簡単に決めすぎ」とか「もっと時間をかけて最初の物件は選ぶべき」とかいろいろ周りから言われそうですけど、僕はなにより早く不動産投資を始めたかったんです。株は価値がなくなる可能性がありますが不動産は絶対に価値がなくなることはないので、若い内から始めたら絶対将来お金で楽をできるからです。

最初は500万円くらいの物件を買おうとしたんです

「最初は500万円くらいで始めよう!」と思って不動産屋さんと話しました。「銀行からすると500万円の物件には価値がないと思われる」と3社ともに言われました。

「不動産に価値がない」ということは「銀行からお金を借りにくい」「売ろうと思った時に売れない」ということです。転職して2年ですし、不動産を買うがはじめての僕は銀行からの評価もいいはずはありません。

1300万円の僕が決めた物件より条件がいい物件なんて、世の中にいっぱいあるのはわかっています。でも始めてみないと500万円の物件が良かったか、1300万円よりもっと高くて築年数の新しい物件が良かったか、なんて素人の僕には判断できません。

不動産屋をやる気にさせないと始まらないと感じた

せっかく「こいつは不動産投資を始める気があるから、ちゃんと物件を紹介しよう」と思ってくれた不動産屋にも「こいつ全然ビビッて買わないなぁ。他の客にいい物件を薦めた方がいいな」と思われたら、また不動産屋を探すところから始めないといけないので、心が折れて不動産投資を始めるのがまた数か月から数年先になってしまいます

せっかく不動産会社を選んで、「この担当者なら信用できるかな」と思った担当に出会えて、インターネットに載っていないような物件を何件か紹介してくれたなら、試しに買ってみるくらいの人生がいいです。

思い立ったら即行動が正しい

もう「はじめる!」って決めたので多少失敗しても僕は始めるんです。家賃を払うのは僕じゃないので、銀行にお金を払うのも僕じゃありません。人のお金を使って、投資をしようとしているんだから、そもそも失敗するリスクは少ないです。

少ないリスクにビビッて不動産屋が紹介してくる物件を蹴り続けて、せっかく築いた信用を崩して無駄な時間を過ごすより、多少手元に残るお金が減ってもいいから不動産屋の信用を保ちながら、スピーディに不動産投資を始めたかったんです。

今までもそうやって生きてきて、まぁまぁうまく生きてこれたので今回も思い立ったら即行動してみました。

さいごに

今から不動産投資を始めようと思っている人は、僕みたいにサクッと決めて買ってしまってもいいと思います。「もし不動産会社に騙されているかも?」と思った時に「この人に騙されるならしょうがないか」と思える担当者に出会えた場合だけ、サクッと決めてください。

正直、未来のことなんてわからないので、投資用物件を買って失敗することはあるはずです。僕も失敗なのかもしれません。でも失敗したと気づいた時に、「自分が信頼して決めた不動産会社の担当」がいるかいないかでは、心の収まり方が全然違ってきます。

僕は失敗しても自分が悪かったと言い切れます。不動産会社のせいにはしません。

人生一度なので、自分が興味をもったことは多少失敗しても「やってみましょう!」