羊をかぶったライオンのブログ

不動産投資&副業メインの雑記ブログです。

仕事中にサボって定時くらいから働きだす「お局さん」がムカつくけど逆らえない

スポンサーリンク

f:id:goodman-1qaz:20170614225008p:plain

僕と同じ部署に「終業時間中にサボって定時が近づいてきたら本気で働き始める人」がいるんですよ。僕と本気で相性の悪い女性のお局(つぼね)さんなんです。

お局さんって?

あなたの職場にお局さんはいますか?僕の職場にはいます。お局さんって何?というあなたのために引用しておきます。

ざっくり説明すると職場にいるわりと歳をとっていて気の強い女の人のことです。

おつぼねとは職場を仕切る古参の女性社員を意味し、お局と書く。おつぼねは「意地悪」「口うるさい」といった意を含み、そういったOLを嘲ったり、侮蔑する際に使われることが多く、尊敬する先輩OLに使われることはほとんどない。また「おつぼね=行き後れ(婚期を過ぎても結婚出来ずにいる女性)」というイメージも強く、多くは独身の古参OLに使われる

お局さんの気分は毎日違って大変

社会人は体調が悪くても機嫌が悪くても、会社に行けば職場の人に迷惑をかけないように表には出さないですよね。でもね、お局さんはバンバンその日の体調や気分を態度にだしちゃいます

出社はその日の気分で早かったり遅かったり、僕がお局さんに話しかけた時の態度もその日によって全然違うので毎日さぐりさぐり対応しています。

お局さんの言うことに逆らうと社内で大問題が発生します。お局さんに逆らってから数時間後には「あいつの態度がヤバい」とお局さんが職場のみんなに言いふらしていることでしょう。あなたの立場はなくなります。

お局さんは新しい人をいじめて辞めさせます

女性の社会は難しい、怖いという話をよく聞きます。この原因は「お局さん」のせいです。

お局さんは新しく職場に入ってきた人を自分のものさしで見定めます。自分にとってその人が害になりそうになかったら問題ありませんが、自分に少しでも害になりそうな相手だった場合いじめます。

周りの人に「あの新しく入ってきた人がこんな悪い事をしていたよ!全然礼儀がなっていない!」という風にあることないことを言いふらします。お局さんの愚痴を聞かされた周りの人は、お局さんに従わないといけません。もし従わなかったら自分が次の標的になってしまいます。怖ろしいですね。。

そうしてお局さんにいじめられて辞めていった人が何人いることか。いじめられて生き残った人は僕の職場にはまだいません。会社としては多大な損害です。でもお局さんはそんなことお構いなしで、自分のテリトリーが侵さなければ全く問題ありません。

昼間サボって定時くらいから働きだすお局さん

僕の会社はできるだけみんな一緒に退勤するんです。だからもし仕事が終わっていない人が居たら、なんとなく待たないといけません。「みんなで一緒に仕事を終わらせてみんなで帰る」という風習は別に嫌いじゃないんです。最初は違和感がすごかったんですが、慣れてみると先に帰る事の方が違和感です。ブラック企業かもしれません。。。残業といっても1時間くらいしか残らないので、他の会社よりは全然楽だと思っています。

そんな環境の中、僕の職場のお局さんはお昼間にタバコを吸ってお茶をしてタラタラ携帯を触っているんですよ。そして終業時間が近づいてきてみんなが仕事を終わらせにかかると、なぜかいきなり働き始めるんですよ。

僕はお局さんのことが大嫌いで関わらないように努めているので、お局さんが長く残業しそうな雰囲気を出したら待たずに帰ります。でも女性陣はお局さんより先には帰りにくいみたいで結構残っています。かわいそうに。

お局さんは社長にとっては便利な存在

お局さんが憎くて会社を辞めてもらいと僕は毎日思っています。職場にお局さんがいる人は僕と同じ考えの人が多いはずです。

でも社長からしたらお局さんの存在はとても貴重です。理由は

職場のみんながお局さんのことを嫌いでいてくれて、会社への不満が溜まりにくいから

職場のみんなはお局さんにムカついて会社に対してムカつく機会が激減するんですよ。

 

想像してみて下さい。自分が会社の社長で、職場にみんなからムカつかれているお局さんがいるとします。毎日みんなはお局さんの機嫌を気にしながら仕事をします。イライラの方向はお局さんに向きます。福利厚生や仕事内容に不満がある社員も、目の前のお局さんからの攻撃を気にして会社への不満を後回しにします。

便利じゃないですか?社長のあなたはお局さんにムカついている社員に対して「まあまあ。お局だから許してあげてよ」とフォローを入れてあげるだけで、社員のことをちゃんと見ている社長になれます。だからお局さんの存在は社長からしたら便利な一面もあるんです。

お局さんへの対処法

これだけお局さんの危険なところを紹介してきたので「お局さんとはある程度いい関係を保っていたほうが良さそう」ということがわかるはずです。僕はあまりいい関係を築けていません(笑)ちょっと困っています。お局さんとの関係なんて気にせずに働いていたらもう取返しのつかない状態になってしまっていました。。。

そんな僕がお局さんに対しておこなっている対処法は2つです。

あまり気にしすぎない

お局さんは自分の存在を認めて欲しくてしょうがなくて、自分の存在を重んじない人のことがきらいです。だからお局さんに絶えず気を遣って機嫌を取っている人が気に入られます。

「そんなアホらしいことやってられない」「お局さんに頼らなくても仕事に支障がない」

というあなたはお局さんのことを気にし過ぎない方がいいです。お局さんに頼らなくても仕事に支障がないくらい仕事ができるあなたは、会社の上層部からしたら「仕事ができる必要な奴」なはず。お局さんと仲良くできなくても会社があなたを辞めさせることはないので、そのままバリバリ仕事をしましょう。ほっといたらいいです。

どうしても関わらないといけない時はとりあえず肯定

仕事なのでどうしてもお局さんと関わらないといけない場面はあるはずです。お局さんがどんなに意味不明なことやイラっとすることをあなたに言ってきたとしても、その場は一切否定せずに肯定だけして過ごしましょう。

その場で否定的な言葉をお局さんに言うと、険悪になって結局長い時間お局さんを気にかけないといけない状態になってしまいます。

また変なこと言ってるけど関わったら時間がもったいないから、とりあえず全部賛成して褒めてあげて逃げよう!

くらいの気持ちで接したらいいです。結局苦手な人とは関わらないようにするのが1番いいです。

さいごに

僕の愚痴も混ざっていますがお局さんのことをまとめました。

お局さんは邪魔ですけどお局さんがいることで職場がうまくいくことも多いので、わざわざあなたが体力を使って辞めさせる努力なんてしなくていいです。お局さんとできるだけ関わらない、できるだけ目につかないように過ごしてください。