読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

らいおんカーニバル

~会社に行かない暮らしを始めるために~

近頃「電話いらねーメールにして」って記事が多いけど僕は「メールいらねー電話して」

スポンサーリンク
 

f:id:goodman-1qaz:20170412021625p:plain

「はあちゅうさんが「電話かけてこないでって言ってる。これが新マナーだー! 」みたいなタイトルのYahooニュースを見かけて、「マジか」って思ってしまったので僕の意見を書いてみます。

headlines.yahoo.co.jp

知人がネット上で電話のことを「時間のレイプ」と例えていましたが、私もこの考え方に賛成です。というのも、相手の都合で自分の時間を突然搾取される、そんな電話の乱暴さがとにかく苦手なんです。

 集中して原稿を書いているときや家族との団らん中に突然電話が鳴ると、それだけでテンションが下がり、親しくもない相手の都合に無理やり付き合わされた気になります。何の権利があって、私の時間に踏み込んでくるんでしょうか。

 家族と恋人とクロネコヤマトさん以外からの予告のない電話は不快です。最近はどこかから勝手に番号を手に入れていきなり電話してくる人もいますが、私にとって、突然の電話は、突然家に来られるのと同じくらいぶしつけに感じます。

 でも、少し前まで電話で仕事の依頼をすることは当たり前でしたし、これだけメールが当たり前になった今でさえ、「まず電話」することが相手への礼儀だと考えている世代も多いですよね。私の肌感覚ではテレビと不動産業界の人は電話率が高いように思えるので、業界的な慣例もあるでしょう。

 そのためマナーとして統一のルールを作ることは難しいですが、私のように電話嫌いなタイプは常日ごろから「連絡はメールでいただけますか」と、周囲にアピールしたり名刺に番号を書かないなどの対策をするしかないと思います。とはいえ、せっかくメールに連絡を切り替えてもらったのに「今メールしましたんで!」と電話をかけてくる人もいて、なかなか難しいんですけどね……。

 僕は大事な事ほど電話で連絡をとりたいです。

電話ウェルカムです。というかメールを開いて読むのがめんどうなので、大事なことほど電話してきてください。というスタンスで仕事をしています。

昨日も契約書の内容をどうするか電話で決めて、確認でショートメールを送りました。

 

メールってみんなちゃんと読みます?

〇〇様

お世話になっております。〇〇の〇〇です。

・・・・・

っていうくだりでだいたい始まりますが、「大事な所はどこ?」と思いながら読み終えてしまうメールがほとんどです。「添付ファイルに大事なことは全部書いてあります!」って言われたら「もう会いに来て説明して下さい」と思ってしまいます。

 

メールで大事なことを伝えようという心意気がまず嫌いです。もしメールに大事な事を書いているんだったら、メールを送った後に電話で「メールにはいろいろ書いていますが、要は〇〇という事です」と電話でちゃんと説明して欲しいです。

 

メールより電話が上手い人の方が仕事が早い。

メールより電話が上手い人の方が仕事がよくできますし、仕事が早いです。これは僕が社会人になってから4年経って感じることです。

 

最初に居た大きな会社の時の僕の上司が多分メールがとても上手でした。議事録もわかりやすくメールで関係部署に素早く伝達していましたし、大事な文章は色を変えたりしていて見やすいメールを送る人でした。

でもこの人は社内的に見たら「仕事ができる人」ではなかったように感じていました。僕から見たら「人とコミュニケーションを取るのが少し苦手な人」という感じでした。

 

反対にメールなんて一切送らず、いきなり電話してきて「〇〇ってどうなってるの?へー。今時間ある?〇〇まで来てよ。少し話そう」と僕に気軽に電話をしてくる別部署の課長の方が「バリバリ仕事をして問題を片づけていく人」という印象でした。

もう仕事の速度が段違いだったように思います。

 

「メールが上手な人がメールを丁寧にパソコンで作成している間に、電話が上手な人は直接話してリアルタイムで物事を進めていく」ように思います。

メールは送ったら、リアクションを待たないといけないので当然電話の人より物事が進むのは遅くなりますよね。

 

せめてLINEかショートメールでしょ。

〇〇様

お世話になっております。〇〇の〇〇です。

・・・・・

はもう無駄ですよね。

僕もたまにこの形式でメールを打たないといけないこともあります。基本的に社外の目上の方に向けてメールを送る時です。

 

でも本気で仕事を一緒にしていく関係の人とは、絶対こんな形式ばったメールのやりとりはしません。

直接会うか、電話するか、LINEかショートメールです。「LINEやショートメールで連絡を取るのは社会人としておかしい」という古い考えの方とはできる限り一緒に仕事はしません。

逆に一緒にバリバリ仕事をしたい人とはすぐにLINEを交換しようとします。それぐらいの関係に早くなってできるだけコミュニケーションを取って円滑に仕事がしたいです。

 

ショートメールはちょっと微妙ですが、LINEなんて最高のビジネスアイテムですよね。契約書でもなんでもかんでも写真に撮ってすぐに送れちゃうんですから。こんなに仕事に使えるツールはないと思っています。

 

尊敬するイケハヤさんも電話を消滅させようとしていますが。

www.ikedahay

 

・「コスパは最高だけど、電話申込みが必須」のサービスA
・「コスパはそこそこだけど、電話申し込みが不要」のサービスB

があったとき、ぼくは迷わずサービスBを選択します。サービスAみたいなものは、だいたい解約とかも面倒ですしね。

といというツイートを投稿しましたが、電話の有無が重要なユーザビリティの差になっていくのでしょう。

ほんとぼく、電話申し込みの時点でサービス利用やめますから。なんでネットでできないのか理解不能。怠慢としか思えない。

電話という無駄を社会から消滅させましょう。

今の時代にはふさわしくない「時間レイパー」。知らず知らずのうちに金銭を搾取する「泥棒」。さっさと時代が進んでほしいですね。

 

コスパ最高な方選ばないんですか?僕ならサービスAを選んじゃいます。

ネットでできたら確かに楽ですけど電話して安心してサービスに申し込めるなら、躊躇なく電話してしまう僕の感覚はダメなんでしょうか。

 

時間が奪われて無駄っていうくらい切羽詰まった時間の使い方をしていないので、超忙しい人になったら「電話なんてしてこないでよ。レイプだよそれ」って思うのかもしれません。

「この電話は意味がないな」と思ったら早く切る努力をしています。そんな感じで許して頂けないでしょうか。

今の時代にもバリバリ電話でコミュニケーションを取ろうとする若者がいた方が、ビジネスシーンが活気づいていいと思っちゃってます。全否定はやめて欲しいなぁと少し寂しく思いました。でも引き続き尊敬して記事を拝読させて頂きます(笑)