羊をかぶったライオンのブログ

サラリーマン向けの副業・資産運用をご紹介

自作LINEスタンプの発売手順を初心者でもわかりやすく画像で紹介!実際にスタンプを申請しました。

スポンサーリンク

f:id:goodman-1qaz:20170610001332p:plain

このブログで使っている「羊をかぶったライオン」の画像をLINEスタンプとして発売します。「LINEクリエイターズマーケットの新規登録」から「LINEスタンプの申請」を行ったので手順を紹介します。

作り方を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

LINEクリエイターズマーケット登録

まずは「LINEスタンプを発売する人」の個人情報をLINE Creators Marketに登録します。「登録はこちら」をクリックします。

f:id:goodman-1qaz:20170720040122p:plain

「メールアドレス」と「パスワード」を求められるので、自分が使っているLINEのアカウントのメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」ボタンを押します。

f:id:goodman-1qaz:20170720040126p:plain

「同意する」にチェックを入れて「登録情報」を入力していきます。

ホームページURLは入力しなくて大丈夫です。メールアドレスは絶対に間違わないように気をつけてください。

f:id:goodman-1qaz:20170720041807p:plain

最後に「確認」ボタンを押します。

f:id:goodman-1qaz:20170720040138p:plain

「OKAY!」とかわいく教えてくれます。同時に先程登録したメールアドレスにメールが届くので、「届いたメールのURLをクリック」します。

f:id:goodman-1qaz:20170720040143p:plain

また「OKAY!」とかわいく言ってくれるのでこれでLINEクリエイターズマーケットの登録が完了です。

今回はPCでLINEスタンプを発売するので「PCご利用の方」をクリックします。

f:id:goodman-1qaz:20170720040148p:plain

発売するLINEスタンプの登録

いよいよ自作したLINEスタンプを審査に出す手順です。「新規登録」ボタンを押し「スタンプ」を選択します。

f:id:goodman-1qaz:20170720040200p:plain

スタンプ詳細の入力

発売するLINEスタンプの情報を入力します。

スタンプのタイプは動くスタンプの場合アニメーションスタンプを選択してください。

言語は英語は絶対入力が必要です。日本語でも登録しないといけないので「言語を追加」ボタンを押して「Japanese」を選択し、スタンプのタイトルと説明を入力してください。

f:id:goodman-1qaz:20170720040205p:plain

販売情報の登録

販売情報のところで一番大事なのが「クリエイター名」です。後でも変更可能ですが自分が名乗りたいクリエイター名を入力します。

①クリエイター名「追加」、②English,Japanese両方入力、③「登録」ボタンです。

f:id:goodman-1qaz:20170720040217p:plain

次に「コピーライト」を入力します。著作権のことです。何を書いてもいいんですけどシンプルなのがいいので僕は「©hitsuji-lion」にしました。

「カテゴリ」は適当に選んで大丈夫です。

「プライベート設定」は世の中に売り出すなら「ショップ公開」を選択してください。自分専用で使いたい場合は「ショップ非公開」を選択します。

「販売エリア」は「販売可能な全てのエリア」を選択します。

f:id:goodman-1qaz:20170720040233p:plain

次に「ライセンス認証」です。

今は写真を使ってLINEスタンプをつくることができるようになっています。写真を使ったスタンプの場合は「スタンプに写真を使用しています」を選択してください。

最後に「保存」ボタンを押します。

f:id:goodman-1qaz:20170720040249p:plain

送金先情報

ここまで登録すると「送金先情報」を入力してください。と画面上部で注意されます。この送金先情報を登録しないとLINEスタンプを審査に出せません。

「アカウント設定」の「送金先情報」タブをクリックし銀行口座を登録するか、LINE Payを登録してください。LINEスタンプを副業としてガッツリやっていこうと思っている方には振り込み手数料の安いLINE Payがおすすめです。

f:id:goodman-1qaz:20170720040255p:plain

1000円以上の売り上げがないと出金ができなかったと思うので、ほとんどのLINEクリエイターの人が出金できないまま埋もれていっているんだろうなぁと思います。

スタンプ画像登録

最後に自作した画像を登録していきます。「アイテム管理」の「スタンプ画像」タグ内の「編集」ボタンをクリックします。

f:id:goodman-1qaz:20170720040259p:plain

「スタンプの個数」という所があるので、自分がつくった画像の枚数を選択します。8の倍数でスタンプは申請できます。きちんと透過済の画像を登録してくだいね。

今回僕は32枚の画像を用意したので32を選択しました。

f:id:goodman-1qaz:20170720040305p:plain

一番最初の画像を登録する「main」には検索された時に表示されるメイン画像を設定します。「tab」には実際LINEスタンプを使う時にタブように作った画像を設定します。

こんな感じで32番まで画像を登録し、最後に「戻る」ボタンをおします。

f:id:goodman-1qaz:20170720040309p:plain

「販売価格情報」を入力します。デフォルトは「¥120」になっています。調べてもらったらわかりますが、みんな120円で発売しているので120円のままで大丈夫です。

f:id:goodman-1qaz:20170720040313p:plain

最終確認のプレビュー

ここまでの作業で登録手順はほぼおわりです。でも絶対に「プレビュー」ボタンを押して世の中からどう見えるか確認してください。

何も確認しないまま「リクエスト」して審査に通ってしまってから、「スタンプ画像の並び順や画像自体を編集したい!」と思ったらとてもめんどうです。

最終確認としてプレビューは必ず見て下さい。

f:id:goodman-1qaz:20170720040319p:plain

 プレビューで最終確認が終わったら「リクエスト」ボタンを押します。

「同意します」にチェックを入れて「OK」ボタンを押してください。

f:id:goodman-1qaz:20170720040328p:plain

「アイテム管理」画面を見ると「審査待ち」という表示になっているはずです。これできちんと審査に出せているので、あとは運命の審査結果を待つだけです。

f:id:goodman-1qaz:20170720040333p:plain

審査にはきっと落ちます

審査ははやくて3日~1週間程度で結果が返ってきます。

厳しいことを言いますが、自作LINEスタンプを審査に出して1度目の審査に受かる人は少数です。だいたいの人が「リジェクト」されます。僕も最初のころは頻繁に審査に落ちていました。しかもその頃は今ほど審査期間が短くなかったので1~2週間は毎回審査待ちをしていました。

主なリジェクト原因としては「透過漏れ」「スタンプ詳細登録のミス」「画像が不適切」などがあります。

けれども落ち込まないでください。LINEの審査は丁寧なので「ここを直してください」とわかりやすく教えてくれます。根気よく修正して再度「リクエスト」してください

自分で購入しないと使えない

「自分でつくったLINEスタンプを使おう♪」と思ってもLINEからプレゼントされることはないので、自分でお金払って自作スタンプを購入しなければいけません。

これはどうしようもないのです。購入した金額の約3分の1は自分の売上として入金されるので、他の人よりは3割引きくらいで購入できるイメージだと思っていてください。

さいごに

自作LINEスタンプを発売する方法を初心者でもわかるように説明したつもりです。わからないことがあればお気軽に問い合わせてください。LINEスタンプの作り方も紹介しているので参考にしてください。

副業として僕は月に10万円程稼げているので、LINEスタンプに興味がある方は是非趣味感覚で始めてみてください!

今後はLINEスタンプの作成を請け負っていきたいと考えているので準備を進めていきます。「羊をかぶったライオンのスタンプ」の審査が終わり発売開始されたらお知らせさせて頂きます。

2017年8月1日に今回作成したスタンプをリリースしました!

store.line.me