羊をかぶったライオンのブログ

サラリーマン向けの副業・資産運用をご紹介

毎月1万円手元に残るなら、不動産投資をしてみようと思って資料請求をいっぱいした。年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方。

スポンサーリンク

f:id:goodman-1qaz:20170617140804p:plain

 

年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方

という本を先週読んだんです。

そのなかで小林さんは不動産投資を始めて、年収350万円から1億円になったと書いてありました。触発されてしまいました。

毎月手元に1万円残るなら不動産投資を始めよう。

不動産投資関係の本は今までも何冊か読んできました。でも僕が不動産投資を始めなかった理由が「全然お金残らないじゃん」という理由でした。

月に5万円の家賃収入があったとしても、修繕積立費&管理費で2万円くらい取られて3万円しか残りません。そのうえ銀行からお金を借りて物件を購入すると、月々の返済で2万円取られたとして残りは1万円。。。毎年固定資産税を払わないといけないので、結局手元にはお金が残りません。

でも、もし、固定資産税や管理費を全て差引いて、「毎月1万円でもお金が残るなら、不動産投資を始めない理由はない」と、この本を読んで頭が整理されました(正しいかは知りませんが自分としては納得しました)1万円落ちていたら拾いますよね。

毎月1万円もらえて不動産の事を学べたら最高!

正直毎月お金が残らなくても、不動産投資を学べたら得です。そのうえ毎月1万円もらえながら、不動産投資を勉強できたら最高です!

「やるからには稼がなきゃ意味がない」と考えていた1年前の自分を殴ってやりたいです。1年早く始めていたら1年分長く勉強できていたのに。機会損失です。

「稼がないと意味がない」と思うから、「稼げなさそう、失敗したらどうしよう」と逃げ腰になって新しいことを始めれないんです。「稼げなくても、学べたら得じゃん!」と思ったら、赤字にならないように気をつけて、リスクヘッジをし続けたらいいだけなので気軽に始める気持ちなれました。

まずは、都市部に1000万円しないような区分マンションを買って、少額でも毎月家賃収入を得るという体験をしてみたらいい

不動産投資ってなにから始めるの?

不動産投資系の本に多いのが、「不動産投資を始めたらこんなにいい人生になりました!」という紹介がメインで実際の手順があまり書いていないことです。テンションは上がるのですが、読み終わってから何をしていいかわからなくて絶望します。

年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方

小林さんは最初一括で数百万円の物件を購入して、不動産投資を始めています。物件の選び方や購入の仕方も実体験を紹介してくれています。リアルな内容でした。

この本を途中まで読んだ僕が行った行動が、「SUUMO」「楽待」で資料請求を大量にしたことです。

資料請求を実際に行った方法

夜中の3時でした。最近引っ越したのでSUUMOのアプリがスマホにありました。アプリを開きました。

「買う」→「中古マンション」→「大坂府」→「エリアから」→「大阪市を全部選択」→「条件追加」→「駅徒歩を10分以内に設定」→「価格上限を700万円に設定」

という条件で検索を始めました。そして目に留まった物件を片っ端から資料請求しました。

思い立って即行動してしまった代償としては、次の日に電話とメールが10件ほど届いてスマホばかり触らないといけなくなったことです(笑)

 

おすすめの物件検索サイトは「楽待」RAKUMACHI

もともと自分のスマホに入っていたSUUMOでサクッと資料請求をしてから、2日間でメールと電話は落ち着きました。その間にも年収350万円のサラリーマンから年収1億円になった小林さんのお金の増やし方を読み進めていると、「不動産の検索サイトの例」が記載されているページに辿りつきました。ここで僕は衝撃を受けます。

「SUUMOが載っていない。。。聞いたことのないサイトの名前がいっぱい載ってる。」

心が折れかけましたが、すぐに見たことないサイトの一つ「楽待」を開いてみました。なんとなく名前で選びました。

使ってみて驚いたのが、めっちゃ使いやすい。というポイントです。条件が細かく絞れるんです。楽待にしか載っていない物件もいっぱいあるんです。なんだこの裏サイト。。と思ってしまいました。

PC用のサイトとして作られていたのが気になりましたが、情報量も多いですし、検索の時に「キーワード検索」が可能なのも僕のなかではポイントが高いです。

「オーナーチェンジ」物件を狙って不動産投資を始めようとしている僕には「オーナーチェンジ物件」とキーワード検索できる事が本当にありがたかった!

資料請求した会社のなかから3社を厳選!

合計15社くらいに30件くらいの資料請求をした結果。

  • 返信なし・・・8社
  • メールで物件資料を送付・・・4社
  • メールで物件資料送付&電話連絡・・・3社

という結果でした。レスポンスが早い会社と取引がしたいので、メールor電話で返信が返ってくる順位もつけましたが、電話もかけてきてくださった3社が1位から3位を独占でした。メールより電話で仕事をしたい僕からすると、かなり嬉しい結果でした。

www.income-carnival.com

 この実験はやって良かったです。電話をかけてこなかった10社ほどの会社は「やる気がない」か「仕事ができない」人が担当につく可能性が高いと判断できたので。最初から実験せずに不動産屋さんを選んでいたら、レスポンスが遅い会社を選んでしまい、イライラして不動産投資を辞めてしまっていたかもしれません。

電話をくれた3社とは2回ずつくらい電話をやりとりして、実際に会う約束をしました。大阪に1日いる日があるので、その日にまとめて3社を回る予定にしました。この3社の中から最終的に取引をする会社を選ぶつもりです!3時間おきに3社回るのでかなりハードスケジュールです。

さいごに

不動産投資を始めるにあたって、「取引をする不動産屋さん選び」がツラくて、不動産投資を始めるモチベーションが下がります。不動産屋は数が多すぎるので。。。

僕は不動産屋を選ぶポイントとして「レスポンスの速さ」を基準にしました。会ってみて話してみないとわからないですが、不動産投資のはじめの一歩「不動産屋さんと話す日程」と、「取引をしてもいいなと思う不動産屋さんを選べた」ことは僕にとって大きな収穫になりました。

不動産屋さん3社と会ってから次の記事も書くので、今後も僕の不動産投資人生を見守ってください。いい不動産屋さんと巡り合えたら、「おすすめの不動産屋さん」のまとめ記事を書きます♪