羊をかぶったライオンのブログ

サラリーマン向けの副業・資産運用をご紹介

徳島県の『阿波おどり』に行くので宿泊情報&交通情報をまとめました!

スポンサードリンク

 毎年お盆に開催される徳島県の阿波おどりに行ったことがありますか?

僕はこの時期は『高知県のよさこい』か『徳島県の阿波おどり』によく参加しています。僕の中では『夏といえばこの2つのお祭り』というくらい夏の風物詩です。

明日から阿波おどりが開催されるので過去の経験をもとに、宿泊情報&交通情報と豆知識を紹介します。

f:id:goodman-1qaz:20170811051950p:plain

徳島の阿波おどり

公式サイトはこちら→徳島市 阿波おどり

阿波おどりは毎年8月12日から8月15日の18時から23時頃まで開催されます。

阿波おどりは『座席指定券を購入して桟敷(さじき)に座ってみる』こともできますし、『街中で踊っているのを無料でみる』こともできます。

僕は両方経験しましたが、両方楽しいのであなたの好みで鑑賞の仕方は選んでください。

f:id:goodman-1qaz:20170811055523p:plain

(公式サイトより)

f:id:goodman-1qaz:20170811055518p:plain

(公式サイトより)

フラッといろんなところを歩きながら阿波おどりも踊ってみたい方は、チケットを買わないことをおすすめします。

年配の方でゆっくり座って阿波おどりを楽しみたい方は桟敷をおすすめします。

泊りor日帰り

徳島県は四国なので『宿泊するか日帰りにするか』で悩むはずです。
徳島の阿波おどりに参加した事がない方のために宿泊するかどうかに関して紹介します。

阿波おどり会場の近くにホテルを予約できたらベスト

もっとも楽に阿波おどりを楽しむには『阿波おどり会場の近くのホテルを予約しておく』ことをおすすめします。

荷物を部屋に置いてサンダルで阿波おどりを見に行けば1番楽です。

注意点としては『1年前からホテルの予約の争奪戦は始まっている』『阿波おどり期間中のホテルは高騰するという点です。

僕も両親と阿波おどりに行こうと思って1か月前にホテルの予約を試みたことがあるのですが、近隣のホテルはパンパンでした。値段がとっても高いところは空いていました。。。

もし阿波おどり会場の近くにホテルを取るなら1年前から予約する努力をしてください。

日帰りで阿波おどりに参加するなら

最初に言っておきますが僕は日帰りはおすすめしません。

かなりの人ごみの中を歩かないといけないのでとても疲れますし、夜遅くまで阿波おどりは開催されているので日帰りは体力的に厳しいと思っています。

 

もし日帰りをするなら、少しでも体力を温存するために公共交通機関を使って徳島県に行くことをおすすめします。

おすすめは田舎のホテルに宿泊

僕が個人的におすすめな阿波おどりへの参加方法は『田舎のホテルに宿泊してタクシーか車を使う』という方法です。

市内の端の方の阿波踊りが全然関係ないところに宿泊して、夕方までに阿波おどり会場の近くことを目指します。

この方法だったら1年も前からホテルを予約しなくて大丈夫ですし、ホテルの宿泊料金も普通です。

車or公共交通機関

『宿泊するか日帰りにするか』と同じように『車でいくか公共交通機関を使うか』で悩むはずです。


遠方の方は迷わず交通機関を使うと思います。

この場合の注意点は『座席の予約を取ることがむずかしい』ということです。かなりハードな席の取り合いになります。

早めの予約をこころがけてください。

車で徳島へ行くならシャトルバスを利用しよう

阿波おどり開催中は周辺道路は封鎖されていますし、市内は夕方が近づいてくるにつれて車の渋滞が激しくなります。
そして阿波おどり期間中は駐車場の料金も恐ろしく値上がりします!
コインパーキングに車をとめてしまうと、すぐ数千円越えます。。。

 

そこでシャトルバスを利用します。片道1人100円です!
シャトルバス乗り場に車で行き、100円を払ってバスに乗ると10分ほどで阿波おどり会場に着きます。

僕はこの方法で阿波おどりに参加しています。
23時がシャトルバスの最終便なので帰りの時間だけ気を付けて下さいね。

●シャトルバスの運行

吉野川河川敷緑地臨時駐車場
吉野川河川敷緑地⇔徳島市立体育館前
運行時間16:00~23:00

マリンターミナル駐車場
マリンターミナル⇔徳島寺島公園前
運行時間16:00~23:00
約4.0㎞(車約10分)

踊らなくてもいいの?

『踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら 踊らにゃ損々』と聞いたことがあると思います。

阿波おどりに参加したら踊らないといけないのか不安に思っているなら、全然心配いりませんよ。

見るだけで大丈夫です。もちろん踊りたかったらすぐに踊れます。

僕はお酒を片手に屋台を巡りながら、街中で急にはじまる阿波おどりを地べたに座ってみるスタイルが大好きです。

若い踊り手の方もたくさんいて活気がすごいです。見ているだけでテンションが上がる楽しいお祭りですよ!

さいごに

「阿波おどりに参加しようと考えている方の参考になればいいなぁ」と思って紹介させていただきました。明日から僕も行くのでとても楽しみです。

普通の屋台を巡るだけのお祭りとは一味ちがった阿波のお祭り。

迫力と熱気は僕が参加した祭りのなかではトップクラスなので、人生で一度は見る価値があると思っています。

徳島は阿波おどりが一番有名ですが、ラーメンもびっくりするくらい美味しいので阿波おどりと共に是非ためしてみてくださいね。