羊をかぶったライオンのブログ

サラリーマン向けの副業・資産運用をご紹介

新卒ならベンチャー企業じゃなくて大きい会社に入って下さい。3年以内に辞めても大丈夫ですよ。

スポンサードリンク

f:id:goodman-1qaz:20170610001206p:plain

就職活動をするときに必ず迷うこととして『大きくて安定した会社を選ぶか、小さいけど貴重な経験ができそうな会社を選ぶか』

今の時代、大きい会社はもうダメだから若いうちから経験を積みやすいベンチャー企業がいいよ!という意見も多いですが、僕は新卒ならできるだけ大きい企業に就職することをおすすめします。

 

イケダハヤト (@IHayato) さんはベンチャーおしですが僕は大企業おしです。

イケハヤさんすいません。尊敬しているので許してください。

www.ikedahayato.com

「上司を選ぶ?」「職種を選ぶ?」「自分の裁量で仕事を生み出せる?」

大学を出て社会のルールをなにもわかっていない若者が、いきなりベンチャー企業に入って自分の能力を出しまくって活躍できるとは思えません。 

おすすめは大きい企業への入社

「新卒で入社するなら大企業に入るべき」

僕の経験です。僕は従業員1万人以上の大きな会社で2年間働いて退職しました。

 「2年で辞めたんだったら大企業ってやっぱりダメなんじゃない?」と言われそうですが、 大きい会社に入ると新入社員でもいきなり結構大きい仕事に関わらせて頂けるので本当にいっぱい経験させてもらえます。

理由としては、

  • 社内に人が余っているので、新人にも経験を積ませる余裕があるから
  • 新人を退職させないようにモチベーション維持を考えて、わりと大きいプロジェクトに関わらせようとしてくれるから
  • 3年目、5年目くらいにどれだけ新人が育ったかを上層部に見せなければいけないので、直属の上司は新人にも大きめの仕事を振らざるをえないから

 という点が僕が感じた理由です。

 大きめな仕事にすぐに関わらせて頂けるので、小さい会社で1年間雑用みたいな事をして過ごすより経験値は高く得られます。

いきなり大きいプロジェクトに入れられてプレッシャーに負けてしまう人は、それなりの経験値で終わっちゃいます。

そんなプレッシャーに勝てない人こそ、絶対にベンチャー企業にいきなり入ったら死んじゃうので気をつけて下さいね。

ベンチャー企業は大きな仕事ができる?

ベンチャーで大きな仕事ができるという意見は、「ベンチャーだから大企業で働くよりも、新人が責任を負わざるをえない」ということだと感じています。

大企業も責任をもって働くんですが、やっぱり上司の数もいっぱいいるので新人がいきなり責任を取らされることはほぼありません。

「小さい仕事でも責任を大きくもたされているから、大きな仕事をしている」と勘違いしているんじゃないかな?とベンチャー企業おしの記事を読むと思っちゃいます。

ベンチャー企業に新卒入社して挫折したら終わるよ?

大企業に新卒で入社して挫折しても多分上司や先輩が守ってくれます。

3年以内に新卒入社の部下が退職しちゃうと上司の責任問題になっちゃいますから。

できるだけ優しい仕事(ミスっても問題ない仕事)を与えてもらえるはずです。 

そんな環境がイヤになったら、小さい会社に転職するなり、公務員試験を頑張って受けたり、というふうに潰しがきくんですよ。

 

でもベンチャー企業に新卒で入社して挫折してしまったら、まずすぐに辞めさせられると思います。

「辞めてくれ」とはルール的に言われないと思いますが、「仕事をさせられなくなる」「存在の無視」などの方法で社内に居られない雰囲気にもっていかれます。

そしてこの環境に耐えられなくて、転職しようと動き出します。

 

大企業から中小企業に転職活動を行う場合、自分が中小企業の採用担当だったら「大企業に入る能力はあるけれど、環境が合わなかったのかな」とか、「上司と合わなかったのかな」と考えます。

この子のポテンシャルは高いのかなと思って面接します。 

ベンチャー企業からの転職は実績が必要

ベンチャー企業からの転職は、僕もまだ経験がないので確かな事は推測でしか考えられません。

まず「自分が居たベンチャー企業の事を説明しないといけません」よね。そして、「数人しか従業員がいないのに人間関係でうまくいかなかった」とは自分が不利になるので言いにくいですよね。

そして面接官は「なぜこの子は新卒でベンチャー企業に入社したんだ」とまず疑問ですよね。

僕が想像しただけで、これだけの内容が思いつくんですから「ベンチャー企業に新卒で入社して転職する」のはハードルが高すぎます。

あまり仕事をしていないうちに挫折するでしょうから、社会のルールさえ教えてもらえていません。

僕は企業規模が大きい会社から受けました

僕は就職活動の時に、各分野の大企業(大きい会社)を受けました。

就職活動を開始する際に「どんな会社を受けようかな」と、就活生はみんな考えます。

僕は特に行きたい企業がなかったので「興味がある分野の会社を、企業規模が大きい順」に受けました。

 

内定を数社から頂いて「最終的にどの会社に入社しようか」と悩んで考えた時に、「受かった中で一番大きな会社に入るべき」という答えを出して本当に一番大きな会社に入社しました。

 大企業から転職する時に「この答えは間違っていなかったな」と体感しました。すんなり今の会社へ転職できたので。

今働いている会社より大きい会社には転職できません

 転職において「今働いている会社より企業規模の大きな会社には転職できない」と考えています。

例外があるとしたら、「世間の人が知っているぐらい、すごい成果を出した人」ならば小さい会社から大企業への転職も可能です。

要するに特殊能力があれば大きい会社に転職は可能です。

『自分の会社より企業規模の小さな会社を退職した人間』を面接官は『すごい人』だとはなかなか思えません。「自分の方が大きい会社にいてすごい」と思ってしまうのが普通です。 

さいごに

この話題には思う所がいっぱいあるのでいろいろ書きましたが、「今から社会に出ようとしている大学生に、変な夢を無責任に見せない方がいい」です。

しかも大学生が参考にするような記事を書いている人は、だいたい自分がなんらかの分野で成功している人です。

自分が成功しているからといってみんな成功はしません。

大企業もつぶれる時代ですけど、やっぱり大企業は過去から現在まで何万人もの人の人生を支えてきた会社なので頭ごなしに大企業批判はやめましょう。